弦レビュー、トマスティック[BB112 JAZZ BeBopラウンド弦]

弦レビュー、トマスティック[BB112 JAZZ BeBopラウンド弦] トマスティック弦

今回前々から気になっていた、トマスティックのラウンド弦を購入し試して見たのでレビューしたいと思います。

結論はすばらしい弦で多分次回もこの弦を使用します。

トマスティックJazzBebop

トマスティックのジャズ用ギター弦はSwingとかBeBopとかジャズのスタイルの名前からネーミングされています。

今回はその中の[BeBop]を購入しました。

ちなみに

  • BeBopはラウンド弦
  • Swingはフラット弦
  • になっています。

    特徴

    簡単に実際張ってみて感じた特徴です。
    今回は012からのセットにしてみました。

    巻き糸の色

    元々トマスティックはバイオリン等のクラシックの分野での弦メーカーでした。

    バイオリン、チェロ、コントラバスの弦は巻き糸の部分で弦のブランド、ゲージが判別できるようになっています。
    その文化を引き継いで色がついている物と思います。
    トマスティック色

    トマスティックのギター弦の判別法

    巻き弦の色

  • 赤の場合フラット弦
  • 緑な場合ラウンド弦
  • プレーン弦はゴールド

    トマスティックのプレーン弦はゴールドの弦になっています。
    効果や理由は不明ですが、ゴージャスな感じがして新鮮な感じですね。

    値段が高い

    このクオリティでは仕方ないのかもしれないのですが、高いです。
    普通の弦の二倍の値段なので購入するのに戸惑ってしまいます。
    もう少し安く流通してくれたらなと思います。

    購入先

    トマスティック弦
    今回もサウンドハウスさんで購入しました。
    通販サイトも何軒か確認しましたがサウンドハウスさんが底値でした。
    楽器店等にも取り扱いが少ないようです。

    サウンドハウスさんの商品ページ

    音色の特徴

    気になる音色、弾き心地です。

    ざっくと感じた事を書いていくと

  • 柔らかくバランスのいいテンション
  • 1-6弦までのテンションが均一で通常よりも柔らかい印象。
    いつも使っているゲージより一つ太くしても問題なさそうです。

  • 倍音は少なめでおちついた音色。
  • 新品の弦でもあまりシャリシャリしません。
    ので
    通常の弦の張ってしばらく使用したような感じです

  • サスティンはラウンド弦にしたら短め
  • サスティンは短めです。
    フラット弦よりは長いですが通常のラウンド弦よりは短いです。

  • 音のイメージ
  • 全体的な音のイメージは昔のジャズギターとゆうよりも現代的な音色だと思います。
    少し値段は高いですが試してみる価値はあると思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です