弦レビュー/DR弦[Tite-Fit]

今回はDRのギター弦
[TITE-FIT]の11からのセット
を試してみました。個人的メモを共有します。

ここ最近、以前紹介したトマスティックのBE-BOPに落ち着いてたのですが、興味本位でまた色々と試しています。
トマスティックの弦レビュー

dr弦tite-fit

DR[Tite-fit]のレビュー

今回は直前まで使用していたダダリオの同ゲージのセットとの比較になります。

11から始まるセットで比較しています。

DR弦

  • テンション高め
  • ダダリオの同ゲージよりはテンション高めに感じました。
    ただ硬いだけではなくしっかりとピッキングできる感じの硬さなので、個人的には好みです。

    他のメーカーでもよくある事なのですが、3弦のみ少しテンション低めです。

  • ざらつきがある
  • ダダリオの弦はコーティング弦以外でも結構すべってくれるので、DRのざらつきは許容範囲内です。

  • 最初から落ち着いた音色
  • 張った直後から落ち着いたいい音でした。

  • チューニングが安定
  • これには驚きました。
    張ってすぐにピタッとチューニングが安定します。
    この落ち着きの速さなら張り替えてすぐにライブも出来そうです。

  • ラウンド弦はトマスティックに近い
  • 音の傾向はトマスティックに似ている印象です。

    DRレビュー総括

    今回はかなり当たりかなと思います。
    ジャズギターの音色にもよく合います。
    値段も680円で高くも安くもないって感じでお手頃なのでまた使用する可能性大です。

    プレーン弦が若干コンプ感がありちょっと残念な感じもするのですが、PUの高さ等を調整すると改善するかなとも思います。

    安くてトマスティックみたいな音色なので完全好みです。

    友人のスタジオ系ギタリストの使用率ナンバー1も納得しました。

    今回レビューしたDR弦のサウンドハウスさんの商品ページです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です