ジャズギター初心者の為のジャズ必聴アルバム[ジムホール、ビルエバンスアンダーカーレント UNDERCURRENT]

ジムホール

ギターとピアノのDUOによる名盤

あまり相性のいいとされない楽器「ギターとピアノ」二人だけの作品

この作品ではレジェンドの二人による至高のインタープレイが聴けます。

あまりジャズに馴染みがない人が聞くと退屈な内容かもしれないですが、
ジャズの醍醐味であるインタープレイが分かってくると、とんでもないレベルでのインタープレイの応酬で度肝を抜かされます。

ジムホールの四つ切

僕自身このアルバムで初めてギターの四つ切がこんなにも、かっこいいものなのかと
ビックリしました。
この時のジムホールは「ハーモナイズドベースライン」
の手法を使用しベースラインにコードをつけて四つ切を演奏しています。

例に漏れずこのスタイルにあこがれた大学時代の僕は必至にコピーし研究しました。
今でも四つ切に悩むと、この時のジムホールの演奏を参考にしています。

この記事を書いた人

大倉 甲

大倉ギター教室代表講師。
大阪音楽大学短期大学部ジャズ科ギターコース卒業。
講師業、プロギタリスト、ベーシストとして活動。
機材大好きで日々新商品、出会っていない物を求めてネット、楽器屋を回っています。