[MOOER Tone Capture GTR]ギターの音色を再現できるエフェクターが発売されました

最近はデジタル系の新しい種類のエフェクターがどんどん進化し発表されています。
もはや何でもありって感じになってきてますね。

MOOER Tone Capture GTR

mooreトーンキャプチャ
なんとギターの音色をキャプチャできるようです。
この機能はmooerのマルチエフェクターGE300に搭載されていた物を取り出した物だと推測できます。

まだ実機を見ていないのでどの程度の物かは不明ですが、そこそこのクオリティには仕上がっていると思います。

これで何が出来るのか解説します。

サウンドキャプチャとは

例えば激安のエレキギター(仮に1万円しないプレイテックのストラトとします)
このギターを使用しているのにあらかじめエフェクター内にキャプチャしておいたヴィンテージのストラトの音色で演奏できます。
アコギをキャプチャしておけばキャプチャしたアコギの音色、フルアコならフルアコの音色で演奏できるようです。

もしこれがかなりのクオリティで再現出来ているなら、一本のギターで色々なギターの音色を再現できることになるので、プレイアビリティが最高のギターで
好みのギターの音色が出せるので最強ですね。

公式の紹介動画です。

MOOER Tone Capture GTRの価格

この値段だと試して見る価値はありそうですね。
10800円で決定したそうです。
かなり買いやすい値段で企業努力が素晴らしいです。

発売日も2019/9/6に決定しました。

販売状況

現在人気につきほとんどの店舗で売り切れ状態です。
9/7現在ではサウンドハウスさんで在庫があるようです。

MOOER Tone Capture GTRの販売ページ

今後のラインナップの予想

今回はMOOERのマルチエフェクターGE300に搭載されているギターの音色をキャプチャする機能を取り出していましたが、
GE-300のもう一つの機能
エフェクターをキャプチャする機能もコンパクトエフェクター化してくるかなと予想しています。

これからが楽しみですね。

この記事を書いた人

大倉 甲

大倉ギター教室代表講師。
大阪音楽大学短期大学部ジャズ科ギターコース卒業。
講師業、プロギタリスト、ベーシストとして活動。
機材大好きで日々新商品、出会っていない物を求めてネット、楽器屋を回っています。