ジョーパス[Joe Pass]

1929年アメリカ、ニュージャージー州生まれ
9歳でギターを手にし1963年(34歳)
「キャッチミー」でデビューする。

ジョーパスのオススメのアルバム

ソロギター「ヴァーチオーゾ」
での演奏が有名ですが
オスカーピーターソンのバンドでの演奏
ベーシスト、ニールスペデルセンとのduoでの演奏エラフィッツジェラルドとのDuo
レイブラウンとの数々のライブ盤
等名盤が多数あります。

沢山ありすぎてどれを紹介するか悩みましたが
今回は1975年の作品
「Portraits of Duke Ellington」
を選びました。
ジョーパスとしてはあまりないギタートリオでの演奏でデュークエリントンの曲ばかりを演奏しています。
メンバーも
Jeo Pass (guitar)

Ray Brown (bass)

Bobby Durnam (drums)

ですばらしい演奏が聴けます。

僕自身学生時代に聴いて必死にコピーしました。

ギタースタイル

正にジャズギター、教科書的な演奏です。
ソロのスタイルでもあまり変わったコードは使用せずオーソドックスな形を使用している。

ジョーパスの使用ギター

時代によって何本かありますが主に
ES-175
Jimmy D’Aqustoのフルアコ
アンプはポリトーンを好んで使用していました。
ジャズギターの王道的な機材構成です。

Fendarのジャズマスターを使用した映像もあります。
どんな楽器を使ってもジョーパスの音がしているのに驚きました。

ジョーパスの参考動画

ベーシスト[ニールスぺデルセン]とのDUOでの演奏。
Duoでは2枚程CDになってると思います。

ピアニストのオスカーピーターソンのライブ動画です。
ジョーパスは長い間オスカーピーターソンのバンドのギタリストとして活動していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です