• 前回の記事の続きです。

前回はこちら
[ジャズギター]ペンタトニックの応用、可能性その1

今回も上級者向けの内容となってますがなるべくわかりやすく説明したいと思います。

    目次

  • 前回のまとめ
  • メジャー7コードの時のマイナーペンタトニック

マイナコードの時に使えるマイナーペンタトニック

  • Am7のコードの時
  • A、E、D、Bのマイナーペンタトニックが使えます。

もうちょっとまとめます。

マイナー7の時

・ルートから見て5度上、4度上、2度上のマイナーペンタトニック。

まずはこの四種類のペンタトニックを使ってみましょう。

特に2度上のペンタトニックはドリアンスケールの特徴音が入っていてかっこいいです。

メジャー7のコードの時のマイナーペンタトニック

 

  • CM7の時のマイナーペンタトニックスケールはBのマイナーペンタトニックを使います。

 

まずはCM7のコードトーンを整理します。

ド、ミ、ソ、シ(1、3、5、M7)

ですね。

Bマイナーペンタトニックは

シ、レ、ミ、ファ#、ラ

CM7のコードから見てBマイナーペンタトニックの度数は

M7、9、3、#11、13

となります。

 

これは非常にいいサウンドでCのリディアンのド、ソを抜いた物で、これを弾いておけばリディアンの特徴音を中心に演奏できます。

 

CM7のコードトーンと比較します。

これは二つだけですね。ただし他の音は全てよく使われるテンションの音になってます。

 

 

  • このコードの時に選択出来るマイナーペンタトニックは半音下です。

もちろん平行調のAマイナーペンタトニックも使います。

 

 

更にかっこいい使い方としては

CM7(#11)が出て来た時です。

リディアンを弾いたらいいのですがリディアンよくわからないとか、かっこよくメロディを作れない等の時も非常に有効です。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

今回はマイナーセブンスの時に選択出来るマイナーペンタトニックを紹介しました。

 

    まとめ

  • CM7のコードの時には半音下のBマイナーペンタトニックが使える。
  • 選択するとリディアンスケールのおいしい音を選択することになり非常にいいサウンドを得る事ができます。

 

次回はAm7b5の時のペンタトニックスケール、セブンスコードのペンタトニックスケールを説明したいと思います。