フレディグリーン[Freddie Green]

四つ切の名手、ジャズギターを勉強している人は必ず聞きましょう。

参考動画を見れば分かるのですがかなり独特のギターの構え方をします。
アンプは使用せずに初期の頃は完全に生音で演奏していました。

当時は生音で大きい音をだす必要がありました。
その為かなり弦高が高いです。

フレディグリーンのスタイル

彼はリズムギターに徹し一切ソロを弾いてないです。
ですが彼の四つ切のリズムは見事で最高に気持ちいいです。

使用しているコードフォームも一般的な物ではなく独特のものです。

レッスンでも必ずやる事なので一度は聞いておきましょう。

フレディグリーンのリーダー作品

Mr. Rhythm (1956)
とゆうアルバムが唯一のリーダー作品です。

リーダー作でも彼は一切ソロを弾いてません。
ひたすらリズムに徹しています。

フレディグリーンの参考動画

カウントベイシーのカルテット(リズム隊のみ)での演奏です。
彼の四つ切が鮮明に聞こえます。
ギターを構えるフォームにも注目してください。

こちらはリーダー作品のMr. Rhythmです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です