[daddario XT]ダダリオの新作のコーティング弦を試してみました。

最近話題のダダリオの新作のコーティング弦を試してみました。

XTelectric、XTclassicalを一か月ほど使用してみたので情報を共有したいと思います。

使用環境は

エレキギター、PGMストラトタイプ
練習、レッスン時にもよく使用しているので一日平均、8時間程度弾いているギターです。
通常の弦では大体2.3週間位で交換しています。

ガットギター、ゴダンナイロン弦のモデル
主にライブでの使用(6回)+深夜の生音での練習(毎日1時間程度)
通常月1回交換、(本当は週一で交換したい)

多分普通の人より使用時間は長めです。

ダダリオXTを使用してみての結論

まずは結論から書きます。
あくまでも僕個人の感想であり好みです。

エレクトリックは今後も使用する可能性あり。
XTクラシカルは多分しばらくは使わないかなと思います。

理由は追って説明します。

daddarioxt

ダダリオ[XT ERECTRIC]

まずはエレキギター用の弦です。

このXTシリーズのメーカー公式のサイトを見てみると特徴として

  • ナチュラルなトーン
  • ピッキング時の強度向上
  • 耐久性の向上
  • ピッチの安定感
  • を売りにしているようです。

    実際に使用感をエリクサー、ダダリオのコーティングしていない普通の弦と比較してみました。

    トーンの比較

    XT弦はエリクサーと比べて新品の張りたてのきらびやかな音色です。
    サスティーンもエリクサーより長い感じがします。
    ノーマルダダリオの音と多分聞き分け出来ないと思います。
    ダダリオの音が好きな人にはおすすめです。

    弦の強度は向上しているか?

    これは僕には分析不能でした。
    とゆうのも演奏していて弦を切るってのがここ10年はなかったので。。。

    一応メーカーの測定では向上しているそうなので切れにくいと思っています。

    XT弦の耐久性(音色の変化)

    エリクサーと比べてコーティングがしっかりしているのか高いように感じます。

    エリクサーは2週間もすれば低音弦のコーティングが剥がれて、
    薄い皮のような物が出てくるのですが、ダダリオXTではそんな様子はありません。

    一か月の使用では音色もちょっと張りたての感じとは違うかなって感じはありますがまだ大丈夫そうです。

    なので弦の寿命は非常に長く感じます。

    ダダリオXTの弾き心地

    コーティングされている分通常よりも滑ります。
    エリクサー程のつるつる感はないですが、ノーマルのダダリオよりは滑ります。

    ピッチの安定感

    これは素晴らしいです。
    張ってすぐにチューニングも安定しました。

    古くなっていくとピッチが合わなくなりますが、一か月の使用では大丈夫でした。

    ダダリオXTの総合評価

    結構満足度は高いです。

    冒頭に書いた通りまた使用してみようと思います。
    本当は次回も使用したいのですが、検証用の他の弦がまだあるので。。

    耐久性は非常に高いです。
    値段も1300円も出せば売っているのでコスパも高いですね。

    実はパッケージを開けた時一弦だけ折れ曲がってました。
    基本は大丈夫だと思うのであまり気にはしていないです。

    ジャズを演奏するには音が明るすぎて向いていないかなと感じます。
    ソリッドギター向けの弦に感じます。
    フルアコのコーティング弦を使うならエリクサーのほうがおすすめです。

    DAddario XT classical

    次はナイロン弦です。
    まさかこっちも発売されるとは思っていなかったです。
    ただ僕が購入した時点では取り扱い店舗があまりなく探すのに苦労しました。
    daddario XT classicau

    XT classicalの特徴

    メーカーサイトにはXT classicalの特徴があまり書いてなかったのですが、
    主にはエレキギター用と同じだと思います。

    耐久性

    約一か月使用しているのですが、高音、音の張りがなくなってきてます。
    通常弦だと僕の場合2,3週間でこの状態になるのでちょっと長持ちな印象です。

    巻弦のみコーティング

    低音弦のみのコーティングです。
    僕の場合は低音弦のみすぐに交換したくなるので問題はないですが、これだとちょっと割高な印象です。
    高音弦はプロアルテのClear Nylonがセットになってます。

    音色

    コーティングはそれほど感じられずほぼ通常のプロアルテと遜色ないです。
    プロアルテナイロンのセットのような音色をイメージするといいと思います。

    チューニングの安定感

    やはり今回のXTシリーズは張ってすぐのチューニングの安定感はすごいです。
    ナイロン弦の場合はってしばらくはチューニングが安定しなくて困るのですが、
    当日にでも本番でも使えるほどすぐに安定します。
    ダダリオXT

    ダダリオXTclassicalの総合評価

    音色はプロアルテです。なので普段プロアルテを使用している人はおすすめです。

    僕の場合は普段サバレスを使用しているので、あまり好みの音色ではなかったです。

    ナイロン弦のコーティング、長寿命の弦も出できているので選択肢は広がります。

    高音弦はナイロンではなくカーボン弦のほうをセットにしたほうが現代の弦な感じはします。

    低音弦のみストックしておくとチューニングが安定するのが早いので、何かトラブルがあった時に助かると思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です