アンプのスピーカーを交換してみました

最近リサイクルショップで購入した激安のチューブアンプの「BUGERA V5」をよく使用しています。
今回は定番の改造のスピーカー交換を実施してみました。

今回交換したスピーカー

今回は8インチのサイズだったのであまり選択肢は多くなく「EMINENCE」の820Hとゆうモデルをセレクトしてみました。

最近では全てのスピーカーをWEB上で試聴出来るので便利です。
あまり沢山の種類のスピーカーを聴いていると訳がわからなくなりますが、今回は特に迷う事なく決める事ができました。

スピーカー交換は誰でも簡単にできます。

スピーカー交換はアンプを改造する上で効果が高くて誰でも簡単に作業が出来る内容です。
サイズを違うのを載せ替えるのは大変ですが、、、

最低限必要な工具としてプラスドライバー、ペンチだけで簡単にできます。
作業内容によったらハンダの作業も必要になってきます。

スピーカー交換の作業の仕方

  • ドライバーでアンプの裏を開けます
  • スピーカーに繋がっているケーブルを外します
  • 金具で取り付けある物は軽く根元をペンチで引っ張って外します。 ハンダで取り付けてある物はハンダゴテででハンダを溶かして外します。
  • 新しいスピーカーをアンプにビスで固定します。
  • 特に穴あけが必要になる事も今まではなく元のネジの位置に取り付ける事ができています。
  • スピーカーケーブルをスピーカーに取り付けます。
  • この時に極性に気をつけましょう。スピーカーに+ーの表記があります。 間違えても音はでますが、正しく取り付けます。
  • 音が出るかチェックします
  • アンプの裏蓋を元に戻します
  • 以上で交換作業終了となります。

    僕自身は同時にスピーカーケーブルもベルデンの物に交換しました。

    スピーカー交換後の音色の変化

    元々のスピーカーがあまりいい物がついていなかったので効果抜群でした。

    元々は少し曇っていて抜けの悪い音だったんですが、見事に解決しました。
    激安チューブアンプとは思えない抜けのいい音に生まれ変わって解像度もかなり上がりました。

    特に安価なアンプには粗悪なスピーカーが搭載されている事が多いのでスピーカーを交換するだけで使えるアンプになる場合が多いのでスピーカー交換はあまりコストをかけずに出来る最良の改造だと思います。
    是非一度挑戦してみて下さい。

    この記事を書いた人