Victor Bakerのギターのレビュー、情報まとめ

2021年に購入し現在メインギターとして使用しています。

ノーマルの物と比べてオプションがてんこ盛りの個体です。

購入したVictor Baker のギターのスペック

Model15 Archtop

サイド、バック材  Aged Euro Cello Woods Spruce

トップ材、Aged Euro Cello Woods Spruce

ネック材、マホガニー

2ピックアップ

ピックアップ、ケントアームストロング(手巻き)

Victor Baker の特徴

製作者本人がギタリストという事もありプレイヤーの事をよく考えられているギターの設計です。

フルアコなのですが、魂柱のような物が仕込まれており、その影響で生鳴りは抑えられています。昔のアーチトップギターとは違ってアンプとギターで一つの楽器と言う考えなのでアンプに繋いだ時に極上のサウンドが出力されます。

ハウリングに強い

魂柱が仕込まれていて必要以上の生鳴りが抑えられているので、ハウリングには強いです。

僕自身ライブで何度も使っているのですが、爆音のドラマーと共演してもハウリングに悩んだことはありません。

エフェクターとの相性がいい

構造的にもセミアコに近く、エフェクターを多用する現代のジャズギタリストにも使いやすい感じになっています。

リアピックアップで歪ましてもいい音がします。

演奏性の良さ

製作者のヴィクター・ベイカー本人がギタリストとゆうこともあり、痒いところの手が届く設計になっています。
体に当たる所はしっかりと丸めてあり、長時間演奏していても疲れにくいボディ形状になっています。
ハイフレットへのアクセスもいいです。

使用フレット(ジャンボタイプを使用)

フレットは好みになりますが演奏性に優れているジャンボフレットが標準の仕様となっています。
個人的にはジャンボフレットが好きでフレットを交換する時にもジャンボフレットを選択しています。

ピックアップ

基本はケントアームストロングUSAのピックアップがついています。

最近の高級なフルアコに搭載されているのをよくみます。

因みに一般的に出回っているケントアームストロングは韓国製の量産品になります。購入する際は注意してください。

USA製の方は2万円位、韓国製は5000円から10000万円位で販売されています。

ヴィクター・ベイカーのギターはフロントピックアップのみが標準の仕様になっており、リアピックアップはオーダー時のオプションで取り付けできます。

ヴィクターベイカーの残念なところ

この価格帯のギターでもやはり残念な所はあります。

ピックガードが折れやすい

ピックガードをオプションでつけれるのですがネックのみで止めているので折れやすいです。

何か対策をしないと今の所100%折れています。

通常通りネックとボディの二点で止めておくと安心です。

細部の仕上げが雑な所もある

基本的には綺麗なのですが、少し雑な個体も見たことあります。

この辺りはアメリカ人の仕事な感じがします。

神経質な人はしっかりとチェックしましょう。

ヴクター・ベイカーの値段

国内新品価格、中古価格、直接オーダーの値段をまとめてます。

日本国内新品価格

新品価格でオプションにもよりますがおおよそ国内流通価格は80万円から120万円位になっています。

中古価格

現状中古は滅多に出てこないです。

コンデション、モデル、カラーによりまちまちですが過去には大体65万から80万位で売られていました。

直接オーダーする場合

数年前の情報になりますが15インチのモデルで5500ドルです。

この後少し詳しく書きますが、あくまでも基本の値段になります。

直接オーダー時の注意点

まずはメールを送ってください。

少し前まではFBのメッセンジャーでも大丈夫だったのですが現在ではEmailのみになります。

返信はあまり早い方ではないので気長に待ちましょう。

英語のスキルがない人はグーグル翻訳でも大丈夫です。

基本わかりやすい英語で返信してくれます。

次にオーダー内容、スペックを決めて行くのですがここは慎重にやり取りしてください。

特にカラーはしっかりと伝えましょう。可能なら希望のカラーの写真を送るといいです。(オーダーした友人は思ってたカラーと違うものが届きました。)

基本スペックでも十分ですが、オプションを前提にした構成になっています。

基本は、フロントPUのみ、シンプルな木目、ピックガードなし。

なので必要に応じて追加してください。

HPや情報に出ていない事が沢山あります。基本本人から今はこんな木材があるよ、とかの提案をしてくれます。とにかく希望をはっきりと伝える事が需要です。

あとは一部の代金の支払いをして完成を待つのみです。

ケースはリユニオンブルースのケースが自動的に値段に上乗せされます。

製作途中でも気になったらメールをすると途中経過を教えてくれます。(かなり返信は遅いです)

完成の連絡があると残りの代金を支払って発送してもらいます。送料は150ドル位だったと思います。

届いてからもまずびっくりするのが、ブリッジ等は自分でつけてね、といった感じでプチプチに巻いてケースに入っているので、自分でつけるかリペアショップに持ち込んで調整してもらうといいです。

使用ミュージシャン

特にコンテンポラリージャズ系のギタリストが多くテクニシャンが多い印象です。
紹介した方以外にもたくさんのギタリストが使用しています。

Gilad Hekselman

現在ではメインギターはMoffa Guitarになっていますが長い間Victor Baker のギターを使用していました。

人気の15インチモデルはギラッド・へクセルマンのモデルになります。
因みに弦はトマスティックの13からのゲージを使用しています。

ハワードロバーツのコピーモデルです。

Romain Pilon

Yuval Amihai

ジャズギタリストでは珍しくサムピックを使用しているギタリストです。
もちろん普通のピックも使用したりもしています。

使用モデルは不明ですがmodel17か18だと思います。

Nick Di Giovanni

少し小ぶりな14インチのモデルを使用しています。

Victor Bakar

製作者ご本人の演奏です。ギタリストとしても一流の腕前です。

この時は14インチもモデルを使用しています。

この記事を書いた人

大倉 甲

大倉ギター教室代表講師。
大阪音楽大学短期大学部ジャズ科ギターコース卒業。
講師業、プロギタリスト、ベーシストとして活動。
機材大好きで日々新商品、出会っていない物を求めてネット、楽器屋を回っています。