新品の約半額で手に入る場合が多い中古のギター

安いので魅力的なのですがそれなりにデメリットもあったりします。

    目次

  • 中古ギターをおすすめする理由
  • 購入方法
  • 注意点

PGM製ストラトタイプギター

中古のギターをおすすめする理由

中古のギターをおすすめする理由はずばり値段でしょう。
基本的に中古の楽器は新品の約半値の価格で販売されている事が多いです。
人気の機種やブランドだともうちょっと高い目に設定されているかもしれません。

もし中古でも気に入った物があれば検討してみてもいいかもしれません。

中古の楽器の購入方法

・大手の楽器店の中古コーナー
大手の楽器店は新品の楽器に力を入れておりあまり充実している所が少ないです。
新品の楽器を探しているなら大手の楽器屋さんを回るのはいいと思います。

・個人経営の小規模の楽器店
主に中古楽器やこだわりのブランドの楽器を扱ってる店舗が多いです。

メンテナンスの技術の高い所も多く中古楽器を買うなら一番おすすめです。

店主と顔見知りになるといい情報を教えてもらったり掘り出し物を紹介してもらえたりします。

・オークションなど
オークションサイト等の購入は当たり外れが大きく一番難しいです。
うまく買えばいいものが凄く安く買えたりします。
ただメンテナンス程度は自分で出来るって人しか手をださないほうがいいでしょう。

ジャンク品等をダメ元で買ってみるのもいいでしょう。

中古楽器の注意点

買う前に何点かチェックしておくポイントがあります。

・音はでるか
まず当たり前ですがちゃんと音がでるか確認しましょう。

・ガリの有無
ポッド類、スイッチにガリがないかチェックしましょう。

・ネックの状態
反りがなく真っ直ぐな状態かトラスロッドの余裕はあるのかを店員さんに聞いてみましょう。

・フレットの減り具合
極端に減っているポジションがないか、フレットが浮いてたりしていないか
せっかく買ってもフレット打ち直ししなければならないとか結構お金もかかります。

・全体的なバランス
全てのポジションをまんべんなく弾いてみて特定のフレットだけビビらないか等チェックしてみてください。

以上の点をまずはチェックしてみて下さい。

ネットとかで現物をチェック出来ない場合はなかなか難しいですが以上の点を出品者に問い合わせてみるといいと思います。

個人売買

知り合いから譲ってもらう場合
その人との関係性もありますがこれも同じく上に書いた点をチェックするといいと思います。

一番安く入手できる可能性があるのでチャンスがあればおすすめです。

ジャンク品

どれ程の状態の物か把握してから買うのがいいと思います。
基本的に自分で修理が出来る人が実験ベースやメンテナンスをして使用するのがいいと思います。

とにかく安いのですが知識のない人は手をださないほうがいいでしょう。