ここ数年で爆発的に広まったクリップチューナーについて説明と比較、おすすめのクリップチューナーについて

    目次

  • クリップチューナーとは
  • クリップチューナーの仕組み
  • クリップチューナーの使い方
  • おすすめのクリップチューナー

クリップチューナーとは

ギターやベースのヘッドにクリップで挟みチューニングするチューナーです。
シールドも入らず手軽にチューニングできて非常に便利です。
ギター一本に付き一個のクリップチューナーがあるとさらに便利ですね。

クリップチューナーの仕組み

どのように音を拾ってるか疑問に思ってる人も多いと思います。

殆どのクリップチューナーがピエゾ素子を利用しています。
アコギのブリッジ等についているピエゾピックアップと同じ物です。
それで音を電気信号に変換してチューナー本体に送っているのでマイク、シールドを使うことなく手軽にチューニングできます。

クリップチューナーの使い方

これはその機種によって使用方法は異なるのですが共通してる事は当たり前ですが楽器のヘッドに挟んで使用します。

注意事項ですがクリップチューナーの可動部分は結構弱いので折れてしまう事がよくあるので注意しましょう。

おすすめのクリップチューナー

沢山の種類のクリップチューナーが出ていますが実際に僕が使った事のある物の中から紹介したいと思います。

2000円位までで手に入る物

安さは魅力的なのですが性能も据え置きです。
反応が悪かったり精度もイマイチだったりするのであまりおすすめはできません。
とりあえずクリップチューナーってどんな物だろうと思ってお試しで買うのにはいいかもしれません。

SEIKO/セイコー クリップオンチューナー&メトロノーム STMX1

seiko チューナー

ちょっと昔の物でになります。
しっかりしたちょっと大きめのフォルムです。
特徴としてはLED表示に加えて数字での表示がありどれだけずれているか分かりやすいです。

現在は生産されていない様ですが見つける事が出来たらチェックしてみて下さい。

KORG ( コルグ ) 
Sledgehammer Custom 100 Black

korgのクリップチューナー
korgからは沢山の種類のチューナーが出ています。

コルグクリップチューナー

独特のデザインのチューナーです。
精度も高く反応が早いです。
使い慣れるまでは見にくいかもしれないですが慣れると問題ないです。
ベースにも問題なく使用できます。

KORG PitchCrow-G

コルグチューナー
こちらのチューナーは普段使いにはピッタリです。
非常に軽く安い価格帯の中で試した中では一番よかったです。
ただベースにはあまり反応がよくないです。

TC ELECTRONIC 
PolyTune Clip

ポリチューン

なんと6弦同時にチューニングできるチューナーです。
元々はペダルのチューナーの機能だったのですがクリップチューナーでも発売されています。
しかし6弦同時にチューニングできるモードはあまり実用的ではないです。

普通のモードでは反応も早く精度もいいのでおすすめです。

他の特徴としてはクリップ部分が非常に頑丈です。
これはかなりポイントが高くつけたまま持ち運びしても大丈夫です。

PETERSON 
Strobo Clip

ピーターソン チューナー

チューナーの専門メーカーで50万円とかするチューナーを発売している様なすごいメーカーです。

クリップチューナーでもかなり高級品で1万円位します。

ただ精度、反応速度等、文句の付け所がない完璧な出来栄えです。

あえてゆうならクリップ部分の強度が怖いです。

値段が値段なので忘れて来る可能性のある外にはあまり持って行きたくない物ですね。