Stella by starlight[ジャズスタンダードを学ぼう]

stella by starlightのテーマ演奏

stella by starlightのコード進行

stella by starlightコード進行

stella by starlightの演奏スタイル(テンポ、リズム)

ミディアムからファーストスウィングで演奏される事が多いです。

歌の場合はバラードでも演奏されます。

この曲はどこのセッションでもかなりの頻度で演奏されます。
ちょっと難しい曲ですが、脱初心者を目指す人にはもってこいの課題曲です。

stella by starlightのポイント

この曲は発表当時現在よく演奏されるコード進行とは随分と違うコード付けをされていました。
ここではよく演奏されるkey=Bbに統一して解説していきます。

一小節目
現在一般的なのが
|Em75 |A7|
と演奏されることが多いのですが、原曲ではこの二小節をBbdimで演奏しています。
このトニックディミニッシュの響きはたまりませんね。

以前にギタリストのマイクモレノがまとめていたのですが、
現在の形になったのはチェットベイカーの録音かららしいです。

気になったので色々な録音を聴き比べてみました。
録音の年は解らない物もありましたが、
はっきりとチェットベイカーの1954年を境にEm7b5になっていました。

1950年頃の録音ではEm7になってる音源も確認できました。

フランクシナトラBbdim
チャーリーパーカーBbdim

マイルスデイビスEm7

ここからは全てEm5b5
チェットベイカー
ベニーゴルソン
キース
ロバートグラスパー
Luge Lund

最近の演奏だと唯一マイクモレノがBdimで演奏していました。

stella by starlightについて

この曲は、ヴィクター・ヤングの作曲
ネッド・ワシントンの作詞

1944年の
オカルト映画「The Uninvited(邦題:呪いの家)」の主題曲として使われました。

1946年に、ヴィクター・ヤング・オーケストラのレコードがヒットして注目され

1952年に偉大なアルトサックス奏者「チャーリーパーカー」が録音しました。
その後沢山のミュージシャンに演奏され、今では非常に人気のある曲になりました。

参考音源

ヴィクター・ヤングによるオリジナルの演奏です。




チェットベイカー
この演奏が現在一般的なコード進行になりました。軽快なスゥイングでの演奏です。


なんと
Mike Moreno
Lage Lund
の現在のジャズギターを代表する二人の夢の共演です。
マイクモレノはしっかりと最初のコードをBbdimにしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です