たくさんジャズの2-5フレーズを練習したけど実戦ではなかなか出てこない。

ずっと練習していてもなかなか身体に馴染まない等の経験はありませんか?

そこで今回は、要領のいいブロミュージャンはみんな実際に練習していた方法を紹介します。

是非最後まで読んで実践してみて下さい。

ジャズフレーズはなるべく短い単位で覚える

皆さんよくジャズフレーズ集、2-5-1のフレーズとかで2小節、4小節のフレーズを丸暗記しようとしていませんか?

確かに長めのまとまったフレーズもかっこいいのすが、実は長いフレーズも短いフレーズの集合した物になっています。

なのでまずは長いフレーズも短い物に分割して考えます。

短くする目安としては2拍から4拍にして下さい。

これがフレーズを構成する最小単位になっている物が多いです。

ギターにおけるジャズフレーズの移調

無事短い単位に分割できましたか?
まずは分解したフレーズを弾いて覚えてしまいましょう。

段々と慣れてきたら
次はそのフレーズを移調してみましょう。

とりあえず最初は半音上げてみるとか自由に移調してみましょう。

コツはフレーズを選ぶ時にコードのルートから始まるフレーズを選ぶのが最初はやり易いです。

次にフレーズにもよりますが
五弦から始まる運指
四弦から始まる運指
三弦から始まる運指
を探してみましょう。

ここまで出来ると次はいよいよ実践で使えるようにしています。

ギターでジャズフレーズを弾きこなす

まだ移調を完璧にマスターする前の段階で実際の曲のコード進行に合わせて演奏してみます。

Ireal Pro等のカラオケ音源が流せる環境があれば練習が捗ります。

実際の練習の仕方は覚えたフレーズ
例えばマイナー7thのフレーズを覚えたとします。

その場合はコード進行のマイナー7thの所はそのコードに転調させてフレーズを弾きます。

他のコード、例えば7thや△7の所は完全に休符にしてしまいましょう。

ただしマイナー7thの所は何としても弾いて下さい。

最初は簡単なコードの曲でもいいのですが、出来たら曲のKeyがどんどん変わる忙しい曲の方が効果的です。

おすすめの曲は
ジョンコルトレーンの
[Moment’s Notice]モーメンツノーティス
です。

いわいるコルトレーンチェンジの難曲ですがこの方法で練習すると、案外簡単に弾けてしまいます。

一石二鳥、三鳥にもなる練習方法です。

なかなか文字では伝わりにくい内容なので、実際のレッスンで詳しく解説したりしてます。

また重要な内容なので動画にもしたいと思っています。