目次

  • ピックの形の種類
  • ピックの代表的な素材の特徴

ギターピックの代表的な形の種類

ピックには大きく分けて3種類の形があります。
・おにぎり型
・ティアドロップ型
・ジャズ型

おにぎり形(トライアングル


ギターピックおにぎり画像

三角のピックで大きい物が多いです。
特にアコギの初心者の方におすすめです。
大きいので細かい動きをするのにはあまり向いていないのですがアコギで豪快にストロークするにはぴったりのピックです。
先端が三か所あるので削れても他の場所を使えたり経済的です。
最近ではミニサイズのおにぎり形も販売されていたりします。

ティアドロップ形

一番使用者が多い万能な形です。
色々試した結果この形に落ち着く方が多いです。
ソロもカッティングもそつなくこなせます。

ジャズ形

ギターピックジャズ型

ジャズ形はティアドロップよりも小さい物が多く先端がよりとがっています。
その為細かい動きが行いやすくなっています。
名前はジャズなのですが、ロック、メタル系のテクニカルなギタリストに愛用者が多いです。
どちらかとゆうとソロ向きでティアドロップに比べるとカッティングはやりにくいです。

その他の形

上記の三種類以外にも沢山の形のピックがあるので機会があれば試してみるのがおすすめです。

ピックの代表的な素材

ピックは様々な素材の物があります。
メーカーも日々研究していてどんどんと新しいのがでてきます。
もちろん素材によって音色が変わってくるので一つずつ試してみて下さい。
ここでは代表的な素材を紹介したいと思います。

セルロイド

セルロイドは一番オーソドックスな素材になります。簡単に説明すると合成樹脂(プラスティック)です。
ただ一言にセルロイドと言ってもメーカー毎に原料の配合を変えているのですごい大きな枠組みになります。

代表的なピックで誰もが一度は見たことのあるフェンダーの製品です。
フェンダーギターピック画像

一番メジャーな物なのでどこでも入手できます。
若干削れやすいのが気になりますが、
ピックの音色はまずはこれを基準に考えるといいでしょう。

ウルテム

比較的新しい素材です。爪で弾いたときの音色に近くアコギでストロークした時の音色は最高です。
エレキギターでクリーンな音色で弾いた時もきらびやかなサウンドを奏でてくれます。
代表的な物でCLAYTON(クレイトン)とゆうメーカーのピックが有名です。

クレイトンギターピック画像

プロのギタリストにも愛用者が多くおすすめです。

ナイロン

ナイロンはその名前の通り生活の身近にあるナイロンです。
特徴は非常に耐久性に優れています。
音色は暖かく丸い音です。
ジャズを弾く時に使用する人が多いです。

ナイロンギターピック画像

ピックの摩擦力が低いので滑りやすく速弾きにも適しています。

トーテックス

トーテックスはピックメーカーのJIM DUNLOP(ジム・ダンロップ)が開発し、ポピュラーになった素材です。
非常に削れにくく少し固めです。
素材自体が多少ざらざらしているのでそれが苦手な人もいるかもしれません。
引っかかりが強く慣れるまで扱うのが難しいですが慣れてくるとしっかりした音が出るので人気が高いです。

ジムダンロップ、トーテックスピック画像

その他の素材のピック

上で紹介したのが代表的なピックの素材ですがこの他にも沢山の種類があります。

・金属
・各種木材
・水牛の角
・動物の骨
・アクリル
・べっ甲

など形を加工できる物ならどんな物でもピックになり得ます。

沢山の種類を試すのは中々大変ですがお気に入りの一枚を見つけてください。
ピックで音がガラッと変わるので見たことのない物を見つけると大体買ってしまうので当ギター教室には沢山の種類のピックがあるので皆さん弾き比べるとここまで違うのかと驚かれます。

大阪のギター教室の貸し出し用ピック

皆さんも是非試してみて下さい。