P-90ピックアップに交換,取付しました。[おすすめのピックアップ]

最近PRSのホロウボディーギターのピックアップを「Pー90」に交換しました。

教室でもよくPー90について質問されるので解説したいと思います。

Pー90ピックアップに交換した率直な感想

元々prsのギターにはハムバッカーが搭載されていて、ノーマルのままだと少しパワーが強いと感じていました。

そこでピックアップを交換しようと思い候補を考えました。

最近ジャズギタリスト、ブルースギタリストの中で人気が爆発しつつあるPー90に目星をつけました。

やはり1番の決め手となったのは

このJULIAN LAGEの音色に魅力がありすぎました。

まぁ腕が90%位なんでしょうが、憧れます。

能書きは程々にしておいて交換した結果

最高!!でした!!

ちょうどシングルとハムの間位の音色で、ミッドレンジ豊かさ、レンジが広くタッチに忠実な所が

求めていたイメージにピッタリハマり満足です。

今回選んだP-90ピックアップ

Pー90と言っても沢山のメーカーから発売されていて悩む所なんですが、

今回はほぼ悩まずに「リンディーフレーリン」の物にしました。

現在メインで使用しているPGM製のストラトもリンディーのPUを使用していて音のイメージがはっきりと

分かっていたので気が付いたらポチってました笑

JULIAN LAGEも使用しており、インスタかFBで営業なしでリンディのPー90PUに交換したら最高だったと興奮気味に投稿していたのが決め手になったと思います。

今回はこれを選びました、リンディーハムバッカーサイズp-90商品ページ

注意が必要なのはPUのサイズなのですがこれは下で解説したいと思います。

Pー90ピックアップ、ハムバッカーサイズ

Pー90は伝統的にはドッグイヤーと呼ばれる形をしたPUになります。

この形が現在でも主流なのですが、このままの形だと普通のギターに搭載するには、ギターに大幅な改造が必要になり

現実的ではないです。元々Pー90ピックアップを搭載しているモデルなら基本的には問題ないと思います。

そこで便利なのがハムバッカーサイズのPー90です。

これだと元々ハムバッカーが搭載されているギターになら大きな加工をすることなく、載せ替える事ができるのでハムバッカーを搭載しているギターに使用する時は

一択になります。

一応サイズはしっかり計測してから購入するのをお勧めします。

調べた所リンディー以外もハムバッカーサイズのPー90を販売しているようです。セイモアダンカン、ディマジオ、Kent Armstrongにはラインナップがありました。

便利な物が沢山ありますね。

P-90もノイズレスの時代

昔に使った事があるPー90ピックアップはシングルピックアップ同様にハムノイズが乗っていたのですが、今回のは

正にノイズレスでした。

リンディーの看板商品の「Hum-Cancelling P90」

は構造はよくわからないですが、ハムバッカー並のノイズしか出ないです。

音色的にも他のリンディーのPー90と比較していないのではっきりとは分からないですが、問題ないと感じます。

リンディーフレーリンPー90ピックアップの高さ調整

ピックアップから弦までの距離ですが、公式サイトにデータが公開されています。

最終的には耳を頼りに微調整するのですが、まずはメーカー推奨のセッティングを試してみます。

公式によると

6弦3.2mm

1弦1.6mm

です。

注意点としては計測の仕方です。

最終フレットを押さえて計測してください。これ忘れるとまともな計測ができないです。

まずはこれをセッティングしてから各弦のバランスをとっていくのが良いと思います。

僕の場合は今回これよりも少し広めにセッティングしています。

Pー90ピックアップまとめ

最後に購入する時の注意点、Pー90の音の特徴をまとめます。

  • ハムとシングルの中間的な音色
  • MIDよりの音色
  • レンジが広くタッチに忠実
  • ハムキャンセルpuの場合ノイズレス
  • サイズに注意

あくまでもリンデイーでの場合です

尚pu交換は自己責任でお願いします。

自信のない方や、よく分からない方は専門知識を持った人に相談するか、リペアショップ等に依頼してください。

この記事を書いた人

大倉 甲

大倉ギター教室代表講師。
大阪音楽大学短期大学部ジャズ科ギターコース卒業。
講師業、プロギタリスト、ベーシストとして活動。
機材大好きで日々新商品、出会っていない物を求めてネット、楽器屋を回っています。