ギター教室のギター
ギターはどこで買うのがいいのでしょうか?
購入する場所と特徴、メリット、デメリットをまとめてみます。
もしよければ参考にして下さい。
まず主に購入方法として以下の方法があります。

購入できる場所
大手楽器屋
個人の楽器屋
リサイクルショップ
オークション
通販

ギターショップの大手

まず間違いないと思います。
広く流通しているギターが主力の商品になります。
店員さんも親切でアドバイスも、してもらいながら最初の一本を見つけるのには最適です。
販売価格はおおよそメーカー希望小売価格の8割の値段です。
交渉次第では、
値引きしてもらえることもある。
おまけを付けてもらえる。
在庫を沢山持っているのでこのギターの色違いが欲しいって場合でも現物がある事が多いです。

個人経営のギターショップ

オーナーとの相性があえばあなたにとって最高のギターショップになります。
大体のお店がオーナー拘りのギターが置いてありハイエンドの楽器が主力商品のお店が多いです。
初心者の人にはあまりオススメしませんが2本目にちょっといい楽器を探してる方は覗いてみてはどうでしょうか?
店によっては下取りで買い取ったギターを格安で販売してたりもします。
リペアショップになっている所も多く、顔馴染みになってるといざという時に頼りになります。

ネットのギター通販

最近ではクリック一つでギターを買える時代になりました。
やはり店舗を持たないだけあって価格はダントツで安いです。
ただギターは木工品なので一本一本違います。
出来れば実際手に取ってから買いたいですね。
周辺機器を買うにはオススメですが、ギター本体はあまりオススメできません。

ネットオークション(中古ギター)

中古ギターを探してる。
自分である程度、修理ができる。
等のギター知識を持っている人以外は手を出さないほうが無難です。
ネットオークションで買うメリットは
なんといっても安い!
廃番になったモデルがある。
でしょうか。
下手すると高い買い物になる可能性もあるのでよく考えてから買いましょう。

リサイクルショップのギターコーナー(中古ギター)

リサイクルショップにもギターコーナーがある所があります。
特別安い訳でもないのですが、
ジャンク品、パーツがとんでもない値段で売ってたりします。
あまり楽器の知識がないお店も多いようで、無名のブランドは格安になってたりします。
無名のブランドもプロのギタリストも愛用しているようなギターもあるのでよく掘り出し物がないかチェックしに行きます。