Fly Me To The Moon[ジャズスタンダードを学ぼう]

Fly Me To The Moonのテーマ演奏

元のメロディがわかりやすいように、なるべくシンプルに演奏しています。

コード進行

flymetothemoonのコード

演奏スタイル(テンポ、リズム)

様々なスタイルで演奏される曲です。
主に
ミディアムスゥイング
ボサノバ
歌の場合は3拍子も人気です。

Fly Me To The Moonポイント

コード進行は特別難しい所はなく、きれいな4度進行になっています。
ジャズ初心者が最初に練習する曲としても最適です。

テーマのメロディをセンス良くフェイクできるかが腕の見せ所

普段ジャズ以外を歌ってるアーティストが最近ではよく歌ったりしています。

Fly Me To The Moonについて

・邦題「私を月に連れて行って」

・1954年

・バート・ハワード 作詞、作曲

元々は三拍子の曲で「In Other Words」のタイトルで発表されました。

後にジョー・ハーネルにより4拍子のボサノバにアレンジされフランク・シナトラが歌って大ヒットし有名になった曲でです。

この曲はジャズを知らない人でも聞いたことある人が多いとおもいます。
最近ではアニメ「エヴァンゲリオン」でも使用されたりしました。
有名な日本人アーティストだと「宇多田ヒカル」も歌ってたりします。

他の曲も良くあるのですが歌が始まる前に「verse」セクションがあります。
歌物の音源を聞いてみると「フライミートゥームーン」と歌い始める前に前歌があります。これをverse(バース)といいます。
この理由、意味については別の機会に解説します。

参考音源

大定番曲なので紹介する音源を探していると、
沢山の有名な日本人アーティストの録音が出てきました。
せっかくなのでそれも含めて、紹介します。

最初はジャズは、わかりにくいと思うので、
親しみのあるアーティスト録音を聞くのもいいと思います。

まずはやはり「フランク・シナトラ」
スイングで歌ったのは彼が最初でした。




ボサノバといえばこの人、アストラッド・ジルベルト
この人のギター、歌どちらをとっても最高です。



ベーシスト「ジョンクレイトン」とダイアナクラール
DUOでの映像です。
ダイアナクラールはこの曲をよく歌っているので、どれを紹介するか悩みましたが
個人的に好きなので、このバージョンにしました。



普段ジャズを歌っていない日本人アーティスト

宇多田 ヒカル



椎名林檎  長谷川きよし がverseを歌っている



ここまで来ると、もはやジャズではないですが。。。
歌詞の日本語訳が出ているので歌詞の意味が分かりやすいです。
JUJU



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です