ジャズギターおすすめの教則本「アドバンスドジャズギター」
みなさんこんにちは。
今回はジャズギターのおすすめの教則本を紹介したいと思います。

アドバンスド ジャズギター

ジャズギターアドバンス
高内春彦、著

現在は続編もでていますがまずは一冊目から紹介します。
この本は
「ジャズギターブック」
という本に高内春彦氏が連載していたものをまとめたものです。
しかし内容は非常にマニアックで高度な物になります。

本の対象とするレベル

基本的な解説はほとんどなく
いきなりトニックマイナーから始まります。
基本的な音楽理論を理解していないと難しい内容です。
コンテンポラリージャズギターに興味のある人は必読です。
ですが読み物としても面白いのでジャズが好きな人は読んで見るとさらっと読めてしまうと思います。

本の内容

特に大事、面白いと思う項目だけ紹介します。
あまり具体的な内容には触れずに項目を紹介します。

トニックマイナー

トニックマイナーの解説はここでは省きますがこの本には
使用するスケール、コードのダイアグラム
が紹介されています。
特にコードのヴォイシングはかっこいいのが沢山紹介されています。

コンディミの練習

まずはコンディミの成り立ちから丁寧に説明されています。
初めて読んだ時にこうゆう考え方もあるのかと納得しました。
そして代理コードとしての使用方法
フレージング
が紹介されています。

この中のコンディミの歌わせ方は感動しました。

アッパーストラチャー・トライアド

ギターの教本でこれだけ丁寧にわかり易くアッパーストラチャーについて解説しているのは珍しいです。
物凄く大事な内容なのですがあまり丁寧に説明している本に出会ったことがないです。
ここだけでも購入する価値はあります。

その他の項目

その他、ウエスの奏法解説、モード、リズムチェンジ、コルトレーンチェンジ、モード、エンディング等
盛り沢山の内容です。
コルトレーンチェンジの攻略方法も参考になります。

実際に今回読み返して見ての感想

久々にこの本を最初から最後まで読んでみました。
改めて読んでも素晴らしい本です。
昔取り組んだ時にはあまり解らなかった所も改めてやってみると、なんとなく理解できました。
そうゆうのんて成長が実感できて嬉しいですね。

最後にギタリストの布川さんも書いているのですが
こんなことまで書いていいのか!?
ってネタが盛り沢山です。

値段も1500円と安くおすすめです。
続編は立ち読みしただけで、まだ購入していないので早速購入してみようと思います。