All Of Me[ジャズスタンダードを学ぼう]

All Of Me
のテーマのデモです

まずは曲のメロディーを覚えましょう。

All Of Meのテーマ、アドリブソロ演奏

ここでは曲のメロディーの楽譜は載せていませんが、生徒さんにはお渡ししています。
必要な方にはタブ譜にしたものも用意しています。

All Of Meの動画の解説

あまり何も考えずに、シンプルに弾いてみました。
2ndコーラスからは軽くアドリブソロも入れてみました。

次にAll Of Meのコード進行を確認しましょう。

all_of_meコード

All Of Me のコードになります。
この他にも色々なコード付けがありますがひとまずこれで大丈夫です。

All of Meの注意点(時代の変化)

allofme

この楽譜の最後のDm7b5のコードの時のメロディー、コードが要注意です。

5小節目、楽譜では「ドーラbド」となっていますが
ここはよく演奏されるメロディーとして「ドーラド」
と「ラ」をフラットしない事もよくあります。
古い演奏ではサブドミマイナー(Fm)に行く録音も多数ありました。

時代と共にコード進行も変化してきた曲だと思います。
現在ではDm7で演奏されるのが一番多いです。

ただ当時の感じを出したい時などはこの曲に限らずコード進行を時代別に研究してみるといいでしょう。

曲の演奏スタイル(テンポ、リズム)

All Of Meの良く演奏されるスタイルは
ミディアムのスゥイングが多いです。
まれにバラードで歌うボーカリストも居てたりします。


All Of Meについて

「オール・オブ・ミー」(All of Me)は、ジェラルド・マークスとセイモア・シモンズが1931年に作曲したポピュラーソングであり、またジャズ・スタンダードである。

最初ベル・ベイカーにより録音され、ポール・ホワイトマンとルイ・アームストロングによる1932年のレコードで大ヒットし、その時代の最も録音された歌の1つになった。ジョニー・レイによる1952年の再演も成功した。

著名なヴァージョンはビリー・ホリデイ、ルイ・アームストロング、ミルドレッド・ベイリー、ベニー・グッドマン、テディ・ウィルソンの1941年、カウント・ベイシー・オーケストラ、エラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーン、ディーン・マーティン、フランク・シナトラ、フランキー・レイン、デラ・リーズ、ジョニー・レイ、ジャンゴ・ラインハルト、ウィリー・ネルソン、ジャン・フライ・シドウェル、マイケル・ブーブレ、ロッキン・ベリーズ等がある。

wikiより引用

参考音源


Ruth Etting – All of me
年代的におそらくYouTubeにある一番原曲に近い物だと思います。


Louis Armstrong – All of me
サッチモの名演。この演奏でこの曲は有名になりました。

Frank Sinatra All of Me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です