ジャズギター初心者の為のジャズ必聴アルバム「ソニーロリンズ、SAXOPHONE COLOSSUS」

ジャズギター初心者の為のジャズ必聴アルバム「ソニーロリンズ、SAXOPHONE COLOSSUS」
ジャズのセッションでよく演奏される曲
「st.thomas」
が収録されています。
この曲はギター初心者でも演奏しやすいのでオススメです。

ソニーロリンズのSAXOPHONE COLOSSUS

ジャズギターソニーロリンズ
録音は1956年
テナーサックス奏者「ソニーロリンズ」の代表作です。
カリプソと言うドラムのリズムからスタートするこのアルバムはジャズ初心者でも聴きやすい内容になっています。

収録曲と聴いて置くべき曲

1.St.Thomas
2.You Don’t Know What Love Is
3.Strode Rode
4.Moritat
5.Blue Seven

ジャズセッションではこの中でも特に1.2.4は好んでよく演奏されます。
4の曲ですがMoritatはマックザナイフとも呼ばれます。
同じ曲なのにタイトルが二通りあります。

日本では主にマックザナイフと言われる事が多いです。
セッションではなかなかないですがワンコーラス毎にkeyを半音ずつ上げたりする事もあります。
突然上げてくる人もいるので要注意です。

録音メンバー

メンバー
ソニーロリンズ(ts)
トミー・フラナガン(p)
ダグ・ワトキンス(b)
マックス・ローチ(ds)
そうそうたるメンバーです。

ダズワトキントスがちょっとマイナーですが
素晴らしいベーシストです。
リズムが地を這うようにうねるのでめちゃ気持ちいいので要チェックです。

この記事を書いた人

大倉 甲

大倉ギター教室代表講師。
大阪音楽大学短期大学部ジャズ科ギターコース卒業。
講師業、プロギタリスト、ベーシストとして活動。
機材大好きで日々新商品、出会っていない物を求めてネット、楽器屋を回っています。