アディクトーンAddictoneのギターを試奏してきました

最近話題のAddictoneアディクトーンのギターが大阪ZEMAITIS/GRECO OSAKA SHOWROOMさんで試奏出来る機会があったので弾きに行って来ました。

Addictoneアディクトーンとは

ここ最近SNSを中心に盛り上がっているブランドです。
東京、新宿に拠点を構え元々はアメリカ、日本で展開していましたが現在は日本のみでの展開となっているようです。

代表 渡辺 祐がプロディースし、組込みセットアップは元ESP・Killerギターの創設者でもある荒木一三氏がビルダーを担当しています。

代表とビルダーが違う人物で職人に依頼するといいギターができる気がするのでこの体制は個人的には大好きです。

Addictoneアディクトーン ARENA

ここ最近一押しのアリーナ(ARENA)モデル。

2ハム仕様でアリーナでのライブでも使えるとゆう思いがあり命名されたそうです。

まず持った時の感想ですが、ネックが物凄く硬い材を使用しているなとゆう印象がありました。

これはかなり厳選していると思います。ネックのめどりめどりも柾目かもしくは板目でもいい所しか使ってなさそうです。
あとは構えた時のフィット感が良かったです。コンターの感じとかミュージシャンのことをしっかりと考えている印象を受けました。

肝心の音ですが、ネックの影響なのかかなり硬質な立ち上がりの良い音がしていました。
ライブで使用した時の音の抜け、エフェクターのノリの良さはかなりのものだと思います。

良くも悪くも国産の高級ギターと感じました。何故か僕はSUHRの国産版な印象を受けました。

アディクトーン、アリーナARENA試奏動画

公開するつもりはなかったですが。。。

あえてアリーナの一番普通のモデルを試奏しました。
特別なモデルもあったのですがあえてノーマルのものにしました。

前半クリーントーン後半歪みチャンネルです。
自分の記録用に撮影した物なのであまり人に聴かす演奏ではないですが参考になればと思います。
アイフォンのインカメラでマイクも特に使用していません。


この記事を書いた人

大倉 甲

大倉ギター教室代表講師。
大阪音楽大学短期大学部ジャズ科ギターコース卒業。
講師業、プロギタリスト、ベーシストとして活動。
機材大好きで日々新商品、出会っていない物を求めてネット、楽器屋を回っています。