11/3ジャズセッションワークショップ(練習会)を行いました。

久々の開催となるジャズセッション練習会を行いました。

今回は初めてセッションに参加する方もいたので、ワークショップ形式にしました。

ワークショップの内容

今回のワークショップでは主にお店のセッションにお客さんとして参加した時の演奏の流れを説明しました。
簡単にはなりますがここに内容を書いておきます。

演奏が始まるまでの流れ

  1. 名前を呼ばれたらステージに行く(事前にチューニングをしておくとスムーズ)
  2. 演奏したい曲を伝える
  3. 基本は曲をコールした人がテーマを弾く
  4. イントロをお願いする場合テンポをしっかりと伝える
  5. アンプのセッティングについて

演奏の流れ

今回は主にギターデュオでセッションするのを想定して説明しました。

  1. 曲のメロディーを弾く
  2. 原則テーマを引いた人が最初にアドリブソロ
  3. 相手のギタリストにソロを渡す(自分は伴奏)
  4. 4バース(省略可)
  5. テーマ(原則最初にテーマ弾いた人が弾く)
  6. エンディング(今回は割愛)

その他の内容

何個か質問にも答えたりしましたが、特に音量には注意しましょうとゆう話は最も重要度が高かったです。

演奏曲

  • 枯れ葉
  • アナザーユー
  • feel like mak’n love
  • 黒いオルフェ
  • Nows the time
  • サテン・ドール
  • バイバイブラックバード
  • Like someone in love
  • isnt she lovely

他にも演奏したかもしれないです。。。

このセッションでは何回同じ曲を演奏しても大丈夫とゆう約束にしています。
なので何曲かは数回演奏しています。

次回以降の予定

次回はまだ仮の予定ですが、12/29に行う方向で調整しています。

  • 課題曲を数曲設定
  • ワークショップ形式(内容未定)

今回の写真

以下のリンクからパスワードを入力して必要な方はダウンロードしてください。

セッションの写真

この記事を書いた人

大倉 甲

大倉ギター教室代表講師。
大阪音楽大学短期大学部ジャズ科ギターコース卒業。
講師業、プロギタリスト、ベーシストとして活動。
機材大好きで日々新商品、出会っていない物を求めてネット、楽器屋を回っています。